WordPressの使い方がわかるブログ

【簡単】有料テーマSANGOで内部リンクのブログカードを表示する方法

【簡単】有料テーマSANGOで内部リンクのブログカードを表示する方法

本当は、テーマのショートコードを使いたくなかったんです。

LuxeritasとCocoonも使っているのでAddQuicktagに登録して同じ方法にしたかったんです。

でも、SANGOのショートコードを使うことにしました。

有料テーマのSANGOなら使っても大丈夫ですよね?


WordPressのテーマのSANGOとPORIPUを使っている感想とレビュー!
         
WordPressのテーマのSANGOとPORIPUを使っている感想とレビュー! 最初は無料のワードプレステーマのLuxeritasを使ってまし…

 

SANGOのブログカードのショートコード

 

[kanren id="投稿ID"]  横長

[card id="投稿ID"]  カードタイプ

[card2 id="投稿ID"]  別スタイル

URLじでなく投稿IDなのが面倒なんじゃないかと思ってます。

 

デフォルトの横長のブログカード

どのタイプでもいいんだけど、デフォルトにしました。

[kanren id="投稿ID"]

ブログによって、ブログのジャンルによって違うと思います。

とにかく試してみましょう!

 

Luxeritasでブログカードを表示

無料テーマのLuxeritasは、「カスタマイズ(外観)」「ブログカード」の「ブログカード有効化」にチェックいれるんです。

直書きの URL をブログカード化する」にチェックを入れれば、直書きの URLでいいんです。

Luxeritasは、直書きの URLでブログカードを表示できます。

 

CocoonではURLを直書するだけ

Cocoonでは、URLを直書するだけでブログカードが表示される。

テーマに関係なく、URLを直書すればいいんだと思ったんです。

何もしなくて、URLを直書するだけでいいのは、Cocoonだけでした。

 

Cocoonは、とっても評判がいい

Cocoonのカスタマイズの記事はアクセスがあります。

ちょっとした記事でもアクセスがあるのは、利用者が多いからでしょう。

意外と苦戦してる人が多いんじゃないかな?とも思っています。

それは、自分が苦戦したから、よく分かります。

 

URLを直書すればブログカードが表示される

URLをコピペすればブログカードが表示されるのって、ワードプレスの機能なんです。

だから、CSSを追記するだけじゃないの?

と今でも思っています。

でも、実際には対応してたり、してなかったりってこと?